アスベスト調査.NET::分析・調査対象3-4【けい酸カルシウム板第一種】

アスベスト調査ネット-アスベストの調査と分析ならアスベスト調査ネット
アスベスト建材データベース-アスベストの調査と分析ならアスベスト調査ネット
アスベスト調査補助金制度一覧-アスベストの調査と分析ならアスベスト調査ネット
東京都環境局 アスベスト情報サイト
国土交通省 アスベスト含有建材データベース
主なアスベスト調査・検査・分析・鑑定エリア

東京都
足立区 荒川区 板橋区 江戸川区 大田区 葛飾区 北区 江東区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 世田谷区 台東区 中央区 千代田区 豊島区 中野区 練馬区 文京区 港区 目黒区 八王子市 羽村市 東久留米市 東村山市 東大和市 日野市 府中市 福生市 町田市 三鷹市 武蔵野市 武蔵村山市 昭島市 あきる野市 稲城市 青梅市 清瀬市 国立市 小金井市 国分寺市 小平市 狛江市 立川市 多摩市 調布市 西東京市

神奈川県
横浜市 川崎市 厚木市 綾瀬市 伊勢原市 海老名市 鎌倉市 相模原市 座間市 茅ヶ崎市 藤沢市 大和市

けい酸カルシウム板第二種と違って第一種のほうは、飛散しにくい「成形板」に分類されます。
石灰質原料、けいそう土などのけい酸質原料とアスベストが主原料で、スレート板に比べて軽いのが特徴です。

主に防火が必要な内装外装の下地材として使用されました。

アスベストの含有率は5〜20%程度の製品が多く、市場にもたいへん多くの種類の製品が出回りましたが、通称「ケイカル」と呼ばれています。

ちなみに飛散性の高いレベル2の「けい酸カルシウム板第二種」とはその比重が全く違い、こちらは比重が高いので飛散性は低いとされています。

商 品 名製造終了年
●ハイラック〜1992
●アスベストン〜1992
●アスベストンF〜1991
●プライシリカ〜1992
●ハイベスト〜1994
●のき天ボード〜1992
●アスベストラックス 〜1992
●アスファイヤー〜1976
●ケイカレックス〜1992
●ヒシラック〜1991
●ダイケンラックス 〜1992


注:この一覧に示した商品が石綿含有商品の全てではありません。

【アスベスト建材 データベース】

◆解体時の飛散性【レベル1】
1-1  吹き付けアスベスト
1-2  吹き付けロックウール(乾式・半乾式)
1-3  吹き付けロックウール(湿式)
1-4  吹き付けバーミキュライト(ひる石吹き付け)
1-5  パーライト吹き付け

◆解体時の飛散性【レベル2】
2-1  石綿保温材(カポサイトなど)
2-2  けいそう土保温材
2-3  けい酸カルシウム保温材
2-4  パーライト保温材
2-5  バーミキュライト保温材
2-6  水練り保温材
2-7  耐火被覆板(トムボードなど)
2-8  けい酸カルシウム板第二種
2-9  耐火被覆塗り材(ひる石プラスター)
2-10 屋根用折版裏断熱材(フェルトンなど)
2-11 煙突用断熱材(カポスタックなど)
2-12 石綿含有ロックウール吸音天井板
2-13 石綿含有目地材(見掛け密度の小さいもの)リトフレックス

◆解体時の飛散性【レベル3】
3-1  住宅屋根用化粧スレート
3-2  スレート波板及びボード
3-3  パーライト板
3-4  けい酸カルシウム板第一種
3-5  スラグせっこう板
3-6  せっこうボード
3-7  窯業系サイディング
3-8  押出成形セメント板
3-9  パルプセメント板
3-10 スレート・木毛セメント積層板
3-11 ビニル床タイル(Pタイル)
3-12 ビニル床シート・クッションフロア・ソフト巾木
3-13 石綿セメント円筒
3-14 その他製品・ボード・パネル

提供:ビジネスブログのe売るしくみ研究所