アスベスト調査.NET::アスベストの【レベル3】【レベル2】【レベル1】とは?

アスベスト調査ネット-アスベストの調査と分析ならアスベスト調査ネット
アスベスト建材データベース-アスベストの調査と分析ならアスベスト調査ネット
アスベスト調査補助金制度一覧-アスベストの調査と分析ならアスベスト調査ネット
東京都環境局 アスベスト情報サイト
国土交通省 アスベスト含有建材データベース
主なアスベスト調査・検査・分析・鑑定エリア

東京都
足立区 荒川区 板橋区 江戸川区 大田区 葛飾区 北区 江東区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 世田谷区 台東区 中央区 千代田区 豊島区 中野区 練馬区 文京区 港区 目黒区 八王子市 羽村市 東久留米市 東村山市 東大和市 日野市 府中市 福生市 町田市 三鷹市 武蔵野市 武蔵村山市 昭島市 あきる野市 稲城市 青梅市 清瀬市 国立市 小金井市 国分寺市 小平市 狛江市 立川市 多摩市 調布市 西東京市

神奈川県
横浜市 川崎市 厚木市 綾瀬市 伊勢原市 海老名市 鎌倉市 相模原市 座間市 茅ヶ崎市 藤沢市 大和市

Q:よくアスベスト【レベル3】だのといいますが、その【レベル】とはどういう意味ですか?


A:アスベストを含んだ建材を解体したり改修作業をする時に、アスベスト(石綿)粉じんの飛散のしやすさ(発じん性)で、作業を3つのレベルに分類したものです。建設業労働災害防止協会のマニュアルによって分類されました。

アスベストを含んだ建材はものすごく色々な種類があります。
なかでも皆さんよくご存知の吹付け材のような一見ねずみ色の綿のようなタイプのものは、解体する時にブワッと繊維が飛び散って危険です。
それらが【レベル1】で、最も配慮した取り扱いが義務付けられています。

レベル1…発じん性が著しく高い(みかけ密度がおおむね0.5g/cm3以下)
石綿含有吹付け材など

吹付けアスベスト

アスベスト含有ロックウール吹付材


つづいて【レベル2】というのは、配管などを保温する目的で巻いてある保温材や断熱材などが該当するのですが、これらはレベル1の吹付け材ほどは解体するとき飛び散りません。
しかしもともと断熱目的で製造されているので非常に軽く密度が低いため、いったんくずれるとかなり飛散します。
それにアスベストの含有率も高いので、やはり相当危険なのです。
ただレベル1と違って壁や天井にこびり付いているわけではないので、例えば配管保温材などは配管ごと取り外して処分するなどの方法もあって、レベル1とは違う扱いとなっています。

レベル2…発じん性が高い(みかけ密度がおおむね0.5g/cm3以下)
石綿含有保温材・断熱材など

配管保温材

アスベスト含有煙突用断熱材


【レベル3】となるとレベル1や2とはだいぶ状況が違ってきます。
成形板類という表現が使われ、板状のものが圧倒的に多いのでそう呼ばれていますが、板状のもの以外にも硬く成形されていたらレベル3ということになります。
上記レベル1やレベル2との建材としての違いは、固さ(密度)がまったく違うことです。
レベル3の建材はふわふわしていません、カチカチです、固いのです。
だから普通に使っているぶんには中に混入しているアスベストが飛び散ったりすることはありません。
除去する時にも法的な制限はかなり軽くなっていますが、それでもアスベストを含んでいることに変わりはないので注意が必要です。

レベル3…発じん性:比較的低い
石綿含有成形板など

Pタイル

岩綿吸音板


これらに加えて【レベル外】あるいは【適用外】と呼ばれるものがあります。
とてもわかりにくいですね!!!
アスベストを含んだ建材なのですが、【レベル1】でも【レベル2】でも【レベル3】でもありません。
しかもアスベストの含有率も比較的高いのが特徴です。
でも適用外だから普通に取り外してOKというわけではありませんので注意して下さい。
難しく言うと「使用可能な石綿製品の取り付け・取り外し作業」に該当します。

レベル外(適用外)…石綿含有シール・パッキン類

ダクトパッキン・キャンバス

ダクトパッキン・シール


それぞれのレベルに応じて作業方法や法的な扱いが異なります。
詳しく書くときりがありませんのでそれはまた今度。

それぞれの建材についてもっと詳しく知りたい方は
こちらをご覧下さい⇒アスベスト建材 データベース

提供:ビジネスブログのe売るしくみ研究所