アスベスト調査.NET::アスベストとグラスウール・ロックウールの違い

アスベスト調査ネット-アスベストの調査と分析ならアスベスト調査ネット
アスベスト建材データベース-アスベストの調査と分析ならアスベスト調査ネット
アスベスト調査補助金制度一覧-アスベストの調査と分析ならアスベスト調査ネット
東京都環境局 アスベスト情報サイト
国土交通省 アスベスト含有建材データベース
主なアスベスト調査・検査・分析・鑑定エリア

東京都
足立区 荒川区 板橋区 江戸川区 大田区 葛飾区 北区 江東区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 世田谷区 台東区 中央区 千代田区 豊島区 中野区 練馬区 文京区 港区 目黒区 八王子市 羽村市 東久留米市 東村山市 東大和市 日野市 府中市 福生市 町田市 三鷹市 武蔵野市 武蔵村山市 昭島市 あきる野市 稲城市 青梅市 清瀬市 国立市 小金井市 国分寺市 小平市 狛江市 立川市 多摩市 調布市 西東京市

神奈川県
横浜市 川崎市 厚木市 綾瀬市 伊勢原市 海老名市 鎌倉市 相模原市 座間市 茅ヶ崎市 藤沢市 大和市

この話題は皆さまからいただく質問のなかでも、かなりスタンダードなものです。
ロックウールグラスウールは見た目が繊維なのでアスベストと区別がつきにくく、混同しやすいんですね。
建築関係の方でも明確に違いが分かるかと聞かれたら、ちょっと困るかもしれません。

アスベストがいかに危険かは先刻ご承知でしょうし、グラスウールは名前からしてガラス製品⇒身近なもの⇒なんとなく安全、と連想できるでしょう。
でもロックウールって何?
鉄工所から出るスラグや岩石を原料に作られると聞いても、ピンとこないという人は多いはず。

最初にお断りしておきますが、ロックウールグラスウールについてよ〜く知りたい方は、それぞれロックウール工業会と硝子繊維協会のWEBサイトに詳しく書かれていますのでそちらをご覧くださいネ。
(協会さんは下手にリンクを張るとクレームがくる事があるので、ご自分で検索して下さい…;^_^)

ここでは次のような点を心がけて説明しています。

・小難しい理論はなるべく簡潔に、あるいは書かない。
・しかし実際の現場での見かたについては詳しく書く。


理屈より現場。
実際どうなんだ
ってことを重視します。

そこで最初の素朴な疑問。

Q:そもそもロックウールやグラスウールは、アスベストと違うものなのですか?
A:もちろん3つとも違います、ただし単体としての建材に限って。


いきなり普通じゃない答えでスミマセン、もっと詳しく説明しましょう。

まずあらためて申し上げますが、これら3つは全く異なる物質です。

たまにアスベストロックウールの一種だと勘違いされている方もいるので念のため。
漢字表記だとアスベストが「石綿(せきめん or いしわた)」なのに対して、ロックウールは「岩綿(がんめん)」ですからね。
見た目も結構似ていたりするので紛らわしい事この上なし。

ここで3つの違いを簡潔に区別しておきましょう。

・アスベスト(石綿)は天然の鉱物繊維。結晶質で繊維が細く発がん性がある。
・ロックウール(岩綿)は人造の鉱物繊維。繊維が太く発がん性はない。
・グラスウールはガラスでできた人工繊維。建材製品は繊維が太く発がん性はない。


アスベストとの違いは、ロックウールグラスウール人工的に作られた繊維で発がん性がないって事です。

なんで天然だとダメで人工だといいの?とか、繊維の太さがどう関係してるの?とか、グラスウールロックウールだって少しは健康に影響あるんじゃない?とか、そんな疑問には答えません(笑

お話ししたいのは「単体として」ってところです。

3つとも全く違う物質だっていうのは、あくまで「単体」として。
現場でアスベストが単体で使われているのはむしろ稀なのです。
アスベストほぼ単体で使われているのは「石綿吹付け(吹付けアスベスト)」や「石綿保温材・断熱材」、「石綿耐火被覆板」、「石綿パッキン材・目地材」ぐらいです。(これらとて100%のアスベストではありません。)
「奇跡の鉱物」とすら呼ばれたアスベストは非常に優れた特性を持っているため、数え切れないほど様々な建材に原料の一部として混入されたのです。

これは建築建材全般に言える事ですが、建材は何かと何かが混ざった混合材であったり、隣り合わせに接して使われることで、結果的に複合材のようになっている事が非常に多いのです。

ロックウールグラスウールアスベストの関係も全く同じことが言えます。

グラスウールにはアスベストが混入された建材はありませんが、ロックウールにはあります。
またグラスウールにもアスベスト含有建材が接して施工されている場合があるので注意が必要です。


現実は解説書と違ってそう単純ではないのですね。

そこで第2の疑問がわいてきます。

アスベストとロックウール・グラスウールはどうやったら見分けが付くのか?

…ってことです。

これについては長くなったので次の記事に詳しく書くことにします。

提供:ビジネスブログのe売るしくみ研究所