アスベスト建材 データベース

3-4:【けい酸カルシウム板第一種】

けい酸カルシウム板第二種と違って第一種のほうは、飛散しにくい「成形板」に分類されます。
石灰質原料、けいそう土などのけい酸質原料とアスベストが主原料で、スレート板に比べて軽いのが特徴です。

主に防火が必要な内装外装の下地材として使用されました。

アスベストの含有率は5~20%程度の製品が多く、市場にもたいへん多くの種類の製品が出回りましたが、通称「ケイカル」と呼ばれています。

ちなみに飛散性の高いレベル2の「けい酸カルシウム板第二種」とはその比重が全く違い、こちらは比重が高いので飛散性は低いとされています。

商 品 名 製造終了年
ハイラック ~1992
アスベストン ~1992
アスベストンF ~1991
プライシリカ ~1992
ハイベスト ~1994
のき天ボード ~1992
アスベストラックス ~1992
アスファイヤー ~1976
ケイカレックス ~1992
ヒシラック ~1991
ダイケンラックス ~1992

 注:この一覧に示した商品が石綿含有商品の全てではありません。